子持ちワーママの独り言

男の子2人(中学生と小学生)持ち、4人家族のワーママ(現在有給消化中)です。

最終面接

今日は最終面接の日。最終面接ってほぼ顔合わせかと思ってたんだけど、エージェントに聞いたら私入れて3人いるんだって。と言うことは33%か。以前、別な会社の最終面接に行ったら、「最終面接をする候補者があなた以外にもう一人いるので結果は来週になります」って言われたことがあるんだけど、結局私は不採用で、その会社の求人が更新されてた。と言うことは私だけでなくもう一人も不採用で、「急いでないけどいい人が居たら採用しようかな」という会社だった模様。

今日の面接はリモートではなく現地。行ったことのない駅って、意外と迷うし、早めに着くようにはしてるけど時間が余ったらトイレで時間つぶすか、会社の玄関まで行って目立たないところで時間つぶすしかないのが所在ない。そういえば会社の営業さんが、早く着いたら喫茶店で時間つぶすけど回数重ねるとコーヒー代も結構掛かると言っていたっけ。

あーそういえば先週面接に行った会社の結果がまだ来てないな。
連絡が遅い=不採用なんだろうけど。

 

じゃあ、行ってきます。
λ............トボトボ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

紹介プログラム、失敗

基本的に有休消化で家にいるんだけど、たまに出社してる。その際にとある取引先の事務担当の人と話していて、私の転職先が決まったかどうかと聞かれた。
「探してるけどまだなんです…」と言うと
「今は厳しいんですかねー。うちの営業担当も(入社当初からお世話になってる)も、”独り言さん、うちの会社に入ってもらうのはどうかなー”って言ってたんですけどねー。」とのこと。
なんだと ? ?

ちなみにその取引先は外資系で社内公用語が英語。うちとは比べ物にならないほどの大企業で、さらに絶対潰れなさそうな親会社がバックについてる。そしてフルリモート。
この会社の営業さんには3,4名ほど会ったことがあって大変そうなのは知ってる。でもこの取引先に滑り込めるなら願ったり叶ったり。
突然だったし、その場ではお世辞かと思って
「そうですかー。ありがとうございます。でもうちの会社みたいなメンドクサイ会社を相手にするの嫌だなー、あはは。」というと
「いやーwww (否定せず!!!)まぁ、書類1枚作って終わりの会社もあるし、お客さんもいろいろですよー。もし良かったら上司に相談してみますよー。
と、その時の会話は終わった。

そしてその後、正社員の求人に落ちまくってるので、藁にもすがる思いで
「先日お話頂いた件を、本気にさせていただきたいのですが…」と英語の履歴書を送ってみた。この取引先には「紹介プログラム」というものがある模様。
「でも取引先なので、リファレンスチェックしてもらうのはちょっと厳しいんですけど」
「営業が16年独り言さんとお付き合いさせて頂いていますし、そのことを伝えます。では、正式に上司に相談してみます」とのこと。


それからしばらくして返事があったんだけど、結局他の支社では募集してるけど、現在最寄りの支社には空きがないそう。
「独り言さんの経歴がどうこうっていうのではなく、空きがないもので…」とのこと。(優しい)

結局落ちた


まぁ、最初から知ってた。私の経歴からすると無理めな会社であることは知ってた。だからこそ、不採用の場合はただの私の実力不足ですので、結果を気にして頂かなくて結構ですと伝えてたし。
束の間の夢を見させてもらった。

無職になったらこのブログのタイトルは
(元)子持ちワーママの独り言
に変更する予定。

そして再就職出来たら(元)を消す。メンドクサーwww

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

働きたくないでござる

有休消化もあとわずかとなった。まだ内定は出ていないので、このままでは17年ぶり2回目の無職となる。


この前、家族で何かの話をしてる時に、次男(9歳)に

「でも、ママ無職じゃん!」と言われてしまった。日本語ヘタクソ君なので「無職」という言葉ではなくchômageという言葉で。
でも残念、まだママはギリ無職ではないんだな。
あとママ、最近仏語の勉強始めたから、分らないだろうと思ってママのこと仏語でこき下ろすのやめて?

先日は長男(12歳)が

「だってママ、人の話聞いてないもん、聴覚障害者(sourd)だし!」
と言った後に、私がsourdの意味知っててちょっとビビってた。
一切興味が持てない仏語だけど、勉強すればそれなりに価値があるものだね。

 

働きたくないねぇと思ってる私にピッタリなエピソードを「今からここは倫理です。」の22話、「労働のあと」から、かいつまんで紹介。
ゲーム大好きで、大学進学にも就職にも興味の無い綿野君が、倫理の先生に相談。

 

アベリアと言う花の名前を母から教わったという倫理の先生。

そして綿野君の心模様に少し変化があったような様子。

なんか、こういう風に週刊誌か何かで質問に答えてくれる人がリアル社会にいるじゃん、と思ったら、佐藤優だった。あと、そういえばうちの夫は大学の専攻は「哲学」なんだったっけ。相談したら答えてくれるのかな。

 

ところでアベリアってこれかな?と思って昨日出かけた帰りに写真撮ったけど、Googleレンズさんに違うって言われた。

さ、今日もこれから面接ですよ。行ってきます…。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

あまり使いこなせていないスマホ

今週のお題「ホーム画面」

あまり使いこなせてなくて初期のまま放置のアイコンもあるけど、とりあえず御開帳。

左上の白塗りのアイコンは、長男用のアプリのフォルダ。リモート授業の時に使ったアプリはもちろん、通常授業の時でも学校の宿題の詳細が表示されたり(終わりましたか?ハイ・イイエをクリックできる。)や自分のテストの結果(それプラス、クラスの最高点・最低点・平均点)が表示されたり。でも私はこのフォルダの中を見ちゃダメなんだってさ。

ヤンジャンでは、ついこないだまでは「ゴールデンカムイ」を愛読。シライシが幸せなら、私は何もいうことはない。今は「ここは今から倫理です。」を愛読中。

LINEよりもWhatsAppを愛用。まぁWhatsAppも夫専用なんだけどね。

フリック入力が苦手なので、通常はPCを使う事が多い。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 



 

 

ICBのS

先日の記事の続き。アパレル系の面接の前に「好きなブランドを聞かれた時の返答を考えておいてください、そのお洋服を着てきていただいても結構です。スーツはダメです。」とエージェントに言われた。

grulla.hatenadiary.com

ファッションセンスの無さに絶対の自信がある私は、結局事前にリサイクルショップに行ってブランドのニットを買ってまいりましたとさ。600円だった。ネットで調べたらそのブランド(ICB)のニット、定価では1万とか2万なのね。そんなお金あるならオルカン買うわ。でもフワフワ・シットリで着心地は最高。フィット感もちょうど良くラインもキレイ。

162cmでトップスSでも着れちゃうのは、ついてるものが「非常に謙虚」だから。Sのズボンは多分膝上までしか上がらんよ?

そして面接では「好きなアパレルブランド」に関しては一切聞かれず。今着ている服のタグの確認もナシ。日本人ではない社長も出てきて途中から英語で面接。特になまりもなく、聞き取りやすい英語だった。

 

ところでいくつもの転職エージェントに登録してるので受信メール数がヒドイ。
もし内定貰えたら、すぐに全部のエージェントを退会しようと思う…。
でも念のためエージェントのサイト上にある履歴書はダウンロードして保存しようかな。あれ、これって自分でフラグ立ててる?

 

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

紹介予定派遣について思う事

面接に1社とか2社とかぼちぼち呼ばれてるんだけど、どちらの会社も通勤に1時間くらい掛かる。なのでどちらかの会社に決まっても家に居ない時間は(残業が無くても)11時間半になる。残業5時間以下とか10時間以下の会社を狙ってるんだけど、なんとか家に居ない時間を12時間以下にはしたいな。

ちなみに今までの会社は家に居ない時間は9時間45分。家から徒歩10分だから。その代わり人間関係は最悪だし、仕事もつまらないし、将来性も怪しい会社で毎日辞めたいなーと思いながら通ってた。

この2時間の差は通勤時間のせいなんだけど、電車の中は「読書の時間」と割り切ろうかな。(その代わり家では読書せず家事に専念)電車の中でも勉強もしようと思えばできるけど「テキストを読むだけ」(問題解くのは無理)の勉強しかできなさそう。
でも多分通勤1時間って世間一般では普通なんだよね。私の場合、始発駅だったり、始発駅から2つ目の駅だったりするので座れそうな雰囲気なのがメリット。まぁ内定貰ってから悩めって話なんだけど。

最初は「正社員」のみで探してたけど、最近は「紹介予定派遣」をメインに探してる。私が書類に書く自己PRとかの内容は一緒のはずなのに、紹介予定派遣の方が正社員よりも断然書類選考通過率が良い紹介予定派遣の方がハードルが低いのか、競争率が低いのか。
先日エージェントの人と電話で話してて、とある会社の求人の話になったときに「でも、正社員になれるかどうかについては、あくまで紹介予定なんですよね?」と聞いたら「この会社は絶対正社員になれます。」とのこと。絶対って言ったな?違ったら恨むよ??

紹介予定派遣の場合、派遣社員の期間は最初の3か月~6か月なんだけど、正社員の直接雇用の求人の場合でも「試用期間」が3か月~6か月あるのが普通なんだよね。
正社員の試用期間との違いは

・最初の3(または6)か月は交通費が出ない
・最初の3(または6)か月は時給計算
・最初の3(または6)か月は切られやすい

くらい?でもエージェントに100万、200万の仲介料を払ってるんだから、気まぐれに切られることもないだろうしなぁ。(よほど、面接時に「できます!」って言ったことが出来なかったりしたら別だろうけど)あと、こちらとしても、働き始めて「あ、この会社ムリ」って思った場合、会社に直接言わずにエージェントに仲介してもらえるのがメリットのような気もする。

紹介予定派遣の求人によっては「最初から正社員としてのエントリーも相談可能」って書いてあって、正社員と紹介予定派遣の垣根が低い求人もある。

まぁ会社側が正社員として採用する準備があるからこそ「紹介予定」派遣で求人を出してるんだろうけど。



 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

嫉妬と自己愛

2017年と少し古い本なので、今回読むのは3回目くらいだけど「嫉妬と自己愛」(佐藤優)を読んだ。

 

この本の中で勧められている小説は

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(本谷有希子)
ウォーク・イン・クローゼット(綿矢 りさ)
それから(夏目漱石)
ナイルパーチの女子会(柚木麻子)
コンビニ人間(村田 沙耶香)
伊藤くん A to E(柚木麻子)
人のセックスを笑うな(山崎ナオコーラ)

この7冊は全部読んだ。
一番面白かったのはナイルパーチ。
あと小説以外では「嫉妬の世界史」(山内昌之)もお勧めらしい。こちらもそのうち読んでみたい。

普段から深くは考えずに生きているので、嫉妬心に燃えることはないんだけど人間関係の中でトラブルを避けるために「嫉妬と自己愛」については知っておいて損はなさそう。人との会話で(ブログも含め)「多少、自分下げでちょうど良い」みたいな雰囲気もあるし。人の嫉妬心を煽っても何の得にもならないから。
佐藤優によると

「嫉妬を感じたら、逆にそれをエネルギーにして上を目指す」と言ったかつての空気は希薄化し、ガラスの自己愛をプロテクトするために「初めから土俵に上がらない」ことを選ぶ人が増加。その原因は新自由主義による格差の拡大。正社員も派遣も、成果主義の下自分の身を守ることで精一杯。とりあえず身の安全を確保しようと上昇志向が衰え、それが一因となっていた嫉妬の感情も後退。

なんか、生きにくい世の中…。

佐藤優は大学で教える際「叱る際は1対1で。逆に褒める時にはみんなの前で」が鉄則だと思っていたところ今は「みんなの前で褒めるのはNG」と他の教授から耳打ちされる。みんなの前で褒めると「褒められなかった」生徒たちの嫉妬心を呼びSNSで悪口を始めるから。

そういえば、小学校の頃までは「この問題分かる人!」「ハイハイハイ!」だったのに中学校からは「シーン」という感じ。帰国子女は、この空気(=皆本当は答えが分かっているのに、敢えて手を挙げない)に困惑し、受け入れるのに少し時間が掛かると聞いたことがある。

そういえばヤンジャンでの「ここは今から倫理です。」の最新話も、クラスで目立ってしまう女の子の悩みの話。倫理の先生がここにどうやって割って入ってくるのか楽しみ。

 



 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

GWの後

GWの前は、求人はすごく少なかった。GWの後は増えると聞いて期待してたんだけど、確かにGW明けの今チラホラお声がかかる。でもこれはGW明けだからと言う訳ではなく、ただ私が「紹介派遣登録」まで手を広げたせいな気もするけど。

2年前にゆるーく転職活動を始めたので(真剣に始めたのは今年の3月から)履歴書と職務経歴書は用意してあるんだけど、志望動機を各会社ごとに用意するのがメンドクサイ。

応募書類の締め切りがあるのでHPとかその他のサイトを見て「あなたの会社のこの製品は素晴らしいと思います!」って心にもないこと書いて、その数時間後にはさらにべつの大学のことを色々調べて「あなたの大学のこのシステムに共感しました!」(留学生関係で英語を使う仕事に応募)って書いて、いろんな人に
「あなたのことがだーいすきです❤❤❤❤❤」
って言って回ってる感じ。
そして面接は一部英語。そしてリモートではない…。今は来月の仏検の勉強を毎日してるので頭の中がすっかりフランス語。(そんなにフランス語話せるわけじゃないけど)面接の前にはCNN10でも見て、頭を英語にしてから出かけないと。

 

時間があるので晩ごはん用の塩バターパンを焼くことにした。生地が茶色いのは全粒粉を入れたから。

中にバターを入れて、クルクル。

固形だったバターの跡地。
焼き立ては熱すぎてちゃんと切れなかった。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

服のタグも確認する?

ファッション関係の会社の面接に呼ばれた。社長は外国人で社内のシステムも英語。客先も海外が多く輸出入もあり。流石に日本人の同僚との会話は日本語だろうけど。
ファッション関係だからか、エージェントからの連絡で

・スーツ以外の服装で

・好きなブランドなどがあれば是非当日着ていかれてください

とのこと。しかもエージェントが面接に付いてきてくれるらしい。と言ってもエージェントとも30分くらいリモート面談しただけなので、あんまり顔も覚えてないけど。しかも面談はマスク越しだし。

好きなブランドは特にないんだけど、何か答えられるようにしないとダメなんだろうな、ユニクロ・GU・H&M・GAP以外で。
無難?なところで、ナチュラルビューティーベーシックって答えようかな。確か春向けの服があったはずと思ったけど明日雨で寒いんだよね。


この服じゃ寒そう。
別な服着て行って「ナチュビです」って言ってもバレないかな。まさか服めくってタグを確認するようなことはないだろうし。いやいや、ファッション関係の会社だし「ちょっと失礼してもよろしいでしょうか?」って服をまくられることもあるんだろうか。
きゃー、のび太さんのえっちー!

タンスの中探したら、組曲が出てきた。

でも40になった今、組曲はちょっと若いかなー。

もしかして今からちゃんとした服買ってきた方がいいのか?色々考えてたら本当に入社したい会社なのかも分からなくなってきた…。元々オシャレじゃないし、服にあんまり興味ないんだよね。なんだか面接に行くの嫌になってきたんだけど、まだ内定がないので頑張ろうかな。

転職活動ってメンタル削られるけど、ブログのネタにはなる🤤
いや、早く内定欲しいんだけどね。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。

長いタイトルの本、「ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。」という本を読んだ。


30人の著名人が、10代のうちに読んで欲しい本(ただし定番の本を除く)を紹介した本。30人がそれぞれ1冊を6ページくらいでさらっと紹介してる。
その30人とは

新井紀子
上野千鶴子
恩田陸
角田光代
佐藤優
山崎ナオコーラ

などなど。ただ、本の難易度がその人によってバラバラ…。
サブタイトルは「14歳の世渡り術」なんだけど、14歳と言っても本を読むか読まないかバラつきがあるしね…。

この本の中で佐藤優が紹介したのは、”常識と思われているものは、永遠には続かない”として「マルクス エンゲルス 共産党宣言」

永遠に続かないと言えばイーロン・マスクのtwitterでの一言。

「当たり前のことを言うようだが、出生率が死亡率を超えなければ、日本はいずれ消滅するだろう。世界にとって大きな損失になる。」

www.mashupreporter.com

あら、「日本そのもの」さえ、永遠には続かない??

消滅は大げさだとしても2100年頃の日本の人口は6000万人らしいので、今の常識が通じないような世の中になることは確か。

そしてこの共産党宣言。私の手元にあるのは1995年の68刷発行なんだけどお安くてびっくり。310円!!!
岩波書店のホームページで確認すると572 円!!!

1.8倍!!!

物価こそ永遠じゃないからねー。

 

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

Google サブアカウント作成17個め

Googleにはお世話になっていて、特にメール、ドライブ、フォトは毎日使う。するといつの間にか容量上限の15GBに近づいてしまった…。まだまだ大丈夫だと思っていたのに。ドライブやフォトに保管しているファイルはどれも一応取っておきたいので出来れば消したくない。重いのはスマホで撮った写真や動画だろうなぁ。

毎月250円払えば上限容量100GBになるらしいけど、無料で使用してたものに毎月お金を払うのも少し抵抗があるのでファイル保管用のサブアカウントを作ることにした。既に夫の仕事用や子供のリモート学習用で、現時点で16個アカウントがあるんだけどね…。整理したいのか、さらに散らかしたいのか?

これが16個のうちの一部。

サブアカウントを作成し、メインアカウントのデータをダウンロード。
データを移し替えたら、無事9.31GBに!

これでしばらくは大丈夫なはず。
でも結構な量を移し替えたと思ったのに、まだ9GBもあるのか…。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

ご飯をつくること

今週のお題「サボりたいこと」

さぼりたいのは、ご飯の用意。毎日来る日も来る日も三度三度…。

まぁ朝ごはんはホームベーカリーのパンで良いとしても、平日は私の分も合わせてお弁当4つ作る。そして仕事から帰ってきてからは晩御飯を用意する気力がないので、普段は朝起きると弁当4つ作り、さらに出社前に晩御飯も作ってしまう。(今は有休消化中で家にいるけど)

2,3年前にホットクックを買った。材料入れてスイッチポンで出来るのはすごく便利。
ガスを使わなくて済むので、夏はゆで卵もホットクックで作ることもある。
普通の日本の家庭にはすごく重宝すると思うけど、あいにくうちでは和食が人気が無い。ホットクックが得意なのは煮物だと思うんだけど、煮物はあまり作らないなぁ。「ホットクック、使いこなせてます!」とは決して言えない状況…。

一時期ダイエットも兼ねてラタトゥーユばっかり作ってたこともあるけど、子供にはあまり人気が無かった。ホットクックでよく作るのはカレー、ミートソース、ケークサレ、イワシの骨まで柔らか煮、ミートローフ、ドライカレーあたりかな。あと、「飴色玉ねぎ」が作れるのは便利だと思う。

はるか昔、独身の頃は「疲れたから晩御飯を買って帰ろ!」ってできたんだけど、今は4人家族。お弁当を4つ買うと、なかなかな値段になるので、頻繁には買って帰れない。

でも夏になると、日本の蒸し暑さで夫の食欲が落ちるので、ご飯はサラダとパンになるのでラクチン。

このGW中にお泊りした施設の朝ごはん。和食・洋食があった。ホテルではないので決して豪華ではないけど(部屋にはタオルもシャンプーも何もない)、人様に作って頂くご飯のなんと有難いことよ。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

ここは今から倫理です。

前から知ってた漫画なんだけど、GW中にヤンジャンアプリで無料(全部じゃないけど)になってるのを見つけて、再読。今までゴールドと言うポイントを貯めてゴールデンカムイを読んでたんだけど終わってしまったので、「倫理」で使おう。
前回は「( ´_ゝ`)フーン、まぁ面白んじゃない?」程度に読み進めたんだけど、今私自身が人生の岐路に立たされているせいか、非常に心に突き刺さる。

高校で倫理を教える男性教師と生徒たちの話で、それぞれの生徒の悩みを哲学者の名言を引き合いに出しながら寄り添い向き合う。でも読者対象は高校生ではなく大人のような気がする。ジャンルも「青年漫画」だし。
ドラマにもなって人気あるらしいので、心が弱ってる私みたいな人たちに人気があるのかも。心が弱ってなくても楽しめると思うけど。

自分自身が普通過ぎるという悩みを抱え、事故を起こしてしまった生徒への言葉。(今まで読んだ中では一番好きなエピソード)

特別な人間になる方法は私にも分からないけれど悩むことは人間にしかできない特別なもの。「悩まぬ豚より悩めるソクラテスであれ」
どんどん悩んでいいと私は思う。
どうすれば特別な人間になれるのか…悩みながら生きましょう
せっかく人間に生まれたのだから。

ちなみに「悩まぬ豚より悩めるソクラテスであれ」はJSミルの言葉だそう。

気になるのが、この高校の偏差値(低そう…)とこの倫理の先生の過去。離婚経験があり、ドラッグディーラーともつながりアリ??

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

日本に住んでいるのに

長男も次男も、日本語が苦手。家の中では私とはいつも日本語を話してるんだけど、それは私がフランス語ヘタクソだから。それに、日本語を話す時は1対1だし、お互いのレベルを分かっているから可能。2人とも外では一切、日本語を話さない。

長男は最近漫画が好きで、お年玉貯金を少しずつ銀行からおろしてきては漫画を買ってるんだけど、本屋さんで私が「”カバーも袋も要りません”って言いなさいね。」と言っても、自分からは言えずに店員さんに「カバーはご入用でしょうか?」と聞かれてから無言で首をブルブル振るだけ。それでも何度も本屋さんに行くようになり(毎回「ママ、付いてきて。」って言う。本屋さんまで徒歩5分なんだけど。襲われるとでも思ってるんだろうか、もう170cmでユニクロのメンズS~Mを着てるのに。)ようやく、前回初めて自分から「カバー要らないです。」って言えるようになった。(本屋さんに付いてきて、とは言うけど、私が隣にピッタリ並ぶのは恥ずかしいらしい。あと腕を組むのもダメらしい。)

ところが長男が「カバー要らないです」って言った後に店員さんが「恐れ入ります」と返事したようで、会計の後にいそいそと私のところに来て「ママ!恐れ入りますってどういうこと??」と私に質問。私が恐れ入りますの説明をすると「そうなの?めちゃくちゃ優しい人じゃん。」と。今まで取って食われるとでも思ってたんだろうか。


毎週土曜日に近所の子どたちと遊んでくれる大学生のサークルがあったので、3年くらい前までは長男も次男も毎週日本人の子供達とも遊んでた。当時は「グーとパーで分れましょ」「チリンチリングリン、グリングリンパリン」とか知ってて「すごいじゃん、あんた達、日本の子みたいじゃん!」と感動したものだけど。

「僕、お外で日本語話しません病」については次男の方が重症で、公文で分からないところがあっても「分かりません」と言えずにぼーっと座り続けて2時間コースだったり。でも先生が言ってることが理解できない訳でもなく、家で私が公文の宿題を確認してるとでも先生、全部できなかったらいいよ、って言ってたもん!!!」と威張ったりすることも。

家では誰もテレビは見ない。子供はフランス語のYouTubeがお気に入りなので、日本語に触れるのは学校の授業(日本語は第二か国語なので週に2回)だけ。日本のアニメを見る時も、2人ともフランス語の吹き替え版の方がお気に入り。

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」のブレイディみかこの息子君も日本語は話せないそうだし、ハーフだから(今はミックスというのか?)だからと言って、2か国語話せて当然とはいかないのがツラいところ。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

偶然ばったり

家族で大きな公園に出かけたら、現地で偶然夫の知り合いのご家族に会った。
あちらも子供2人持ちの4分家族なんだけど、うちと違うのは旦那さんも奥さんもフランス人。

この2家族8人の中でフランス語が話せないのが1名。
そう、それは私。
子供の年齢が少しうちとは離れてることもあってそんなに丸一日行動を共にした訳ではないけど、公園内に宿泊施設があって、うちの家族もあちらの家族も宿泊予約アリなので、食事の時など何かと一緒になる。

1対1なら、あちらの人はだいたい英語も話せるし英語でいいんだけど、フランス人が複数となると会話は完全にフランス語。日本語が上手な人もたまにいる。

一応私も結婚して14年になるし、最近は仏検2級に向けて勉強してるしフランス語が全く分からない訳ではないけど、仏語の会話を例えるならこんな感じ。

大まかな話の流れは分かるけど細部は分からない、近視的な世界。
もし「フランス語を勉強して何年になりますか」と聞かれたら(別に誰にも聞かれないけど)困るところ。なんとなく日常的にフランス語を聞いているのは10年以上になるけど(子供と夫の会話はフランス語)ちゃんとテキストを買って、文法を勉強し始めたのは1年くらいだと思う。

今の私の環境では、いつ他のフランス人に会うかも分からないし、フランス語が出来るに越したことはないんだよね…。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村